【★トリミング・ペットホテル・送迎大歓迎★】

川口・南鳩ヶ谷のトリミングサロン・ペットホテル Lucu。ドッグカフェ・室内ドッグラン併設。

メニュー
ご予約
アクセス
お電話
メール
LINE
アプリ
スタッフ

Lucuオープン1ヶ月が過ぎて

埼玉県川口市南鳩ヶ谷2丁目の、そんなに田舎でもない、そんなに都会でもない、そして、そんなに広くない有明通りに面したマンションの1階に、突如オープンした謎のお店。

きっと、車で通ったら、信号で止まらなければ見ることもないであろう、誰も知らない誰も聞いたことがないトリミングサロン「Lucu(ルチュ)」。

オープン直前に急いで取り付けた看板には、「ドッグカフェ」や「室内ドッグラン」、「ペットホテル」という文字。

きっと、誰もが「こんな狭いところに室内ドッグラン?」、「こんなところにドッグカフェ?」、「え、ペットホテル?ケージは?」と驚く声が聞こえてきそうです。

トップページのコンセプトでもご紹介させて頂きましたが、「高齢犬や病気の子も受け入れてくれるトリミングサロンはないかしら」、「安心して預けられるペットホテルはないかしら」、「こんなドッグカフェがあったらいいな」など、私ども夫婦の理想を形にして、同じような悩みや想いがあるお客様やわんちゃんに笑顔になってもらおう、そんな気持ちでここまでやってまいりました。

おかげさまで、まだまだ閑古鳥が鳴いている状態ではおりますが、少しずつ少しずつお客様やリピーター様も増え、また、著名の方にも足を運んで頂けるようになり、なんとか、従業員にお給料を支払える目処が立てそうなところまであと一歩まで来ております。

「この前公園でわんちゃん散歩してたわよね」、「チラシもらったわ!やっとオープンしたのね!」「こんなお店を待ってたわ!」、「暑い日も遊ばせられるわ!」「わんちゃんと一緒に寝てくれるの!?それは安心だわね!」、「ママ、ここのハンバーグおいしい!」、「アップルパイおいしいわね!」、「アイスカフェオレおしゃれ!」、「メロンソーダ豪華!」などなど、たくさんお褒めの声を頂いている毎日でございます。

こんな小さなお店なのに、素人が始めたお店なのに、店主が大したコミュニーケーション能力があるわけでもないのに、それなのに、みなさんお褒め頂き、感動までして頂ける毎日が、とても充実していて、幸せです。これも、お客様の暖かいお言葉と笑顔、わんちゃん達の喜んでいる姿のおかげです。心から感謝しております。有難うございます。

まだ始まったばかりですが、ここまでくるにあたり、たくさんのご協力を受けてまいりました。

まず、事業計画と起業支援をしてくださった、川崎市の名門ペットホテル・デルタ様。店主はまだお若いのにすごく努力されている方です。「犬の殺処分をゼロにしよう」をモットーに、まったくの異業種からお一人でお店を軌道に乗せた秀才。経営から、わんちゃんの扱い方、お店の運営のオペレーションまでご教示くださいました。心から感謝しております。

そして、川口駅前から徒歩5分にある、喫茶の名店「キャンディラップ」さん。このお店は、実は、わんちゃん猫ちゃんのケージレスホテルも併設しております。このお店の、特にオムライスが非常に美味しく有名で、つい最近まで8店舗ほど支店があった名店(現在は年齢等の理由から縮小)。ここのマスターから、カフェの起業支援やオペレーション、メニュー作成、現在もアドバイザー的な形でご指導頂いております。

コーヒーの淹れ方や基本的なカフェでの接客に関しては、銀座パウリスタ本店様で研修を受けました。銀座パウリスタ様は、日本で一番古くからある喫茶店で、世界屈指のロックバンド・ビートルズが日本来日の際は必ず立ち寄り、好んで飲んだとされるコーヒー。豆も、こちらのものを仕入れてハンドドリップでお出ししております。

話は変わりますが、改めてオープンするきっかけをお話しします。先代のミニチュアダックスのりん、あと数ヶ月で17歳になろうというところで虹の橋を渡りました。その時のことを、昨日のことのように覚えています。

私が前職で多忙を極めていた頃、妻から珍しく仕事中に電話があり、「りんがパソコンのバッグに入って困ってるんだけど」と、その時、何か嫌な予感がしました。その5分後、「りんの心臓が止まっちゃった。ちょっと、病院行ってみる」。私は、「もう死んでるんだよ。病院いってもしょうがないんだよ」と言いかけましたが、「うん、お願いします」と伝えました。

いつも通っている動物病院へ到着すると、その日は病院がお休みでした。しかし、対応した動物看護師さんが「念のため先生に電話してみます」と。すると、先生が自宅から病院へすぐに駆けつけてくれて、先生の口からりんが亡くなっていることが伝えられました。そして、棺に入れて頂き小声で「今日はお代は結構です」と伝え、病院のスタッフと妻の車が見えなくなるまで見送ってくれたそうです。

キャンプぐらいしかまともに旅行へ行けないりんのために、新調した大型の4シーズンテント。でも、結局、りんと使うことはありませんでした。今でも、キャンプに行ってそのテントを設営していると胸が痛みます。

もっと、りんを旅行へ連れて行ってあげたかった。もっと家から近い場所でトリミングをさせてあげたかった。そして、りんがカットしてるところを見ながら、コーヒーでも飲めるドッグカフェがあったらな、そんなことをいっぺんに楽しめるお店があったらいいのにな。

そんなことをぼんやり想いながら、ついに実現させました。

当店のサービス向上のために訪れて参考にさせて頂いた高級リゾートホテルやペットホテル、飲食店、そして、今でもお世話になっている動物病院です。

まだまだ始まったばかりですが、日本一のサービスと技術を提供し、お客様とわんちゃんの幸せの一助となれるよう、日々精進してまいります。今後とも、どうぞ、宜しくお願い致します。

トリミングサロンLucu 店主より

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. Ray 6月号に掲載されました!

  2. インターペット2024 ウィッグコンテスト 準優勝!

  3. 抗体検査結果証明書について

PAGE TOP